メンズ青シャツコーデ|13のおすすめ着こなし方法と39スナップ



top


爽やかな印象を与えてくれる青シャツは、カジュアルでもビジネスでも着れるとても便利なアイテムです。今回はそんな青シャツのコーディネートスナップを取り上げながら、おすすめの着こなし方法をご紹介していきます。

青シャツコーディネートのポイント

青シャツの特徴はやはり爽快感!それ一枚で夏場にぴったりな爽やかコーデにすることも、シックで落ちついた着こなしに取り入れて若々しさを出すこともできます。

ブルーシャツ1枚のみの場合におすすめな合わせ方は、ホワイトやベージュなど互いに明るめのトーンのアイテムをチョイスしてライトな雰囲気を出すコーデで、春夏のバケーションスタイルにもってこいです。スーツやジャケットと合わせる場合は、何と言ってもネイビーとの相性が抜群。特にビジネスの場では若々しくもしっかりとした印象になります。また、上級者にはベージュやブラウンのスーツもおすすめ。クラシックなブラウン系の色にもブルーはとても良く合います。

青シャツコーディネート・着こなし13タイプと39スナップ

それでは、そんな青シャツがどのようなコーディネートに合うのか、スナップを見ながらご紹介していきたいと思います。

ホワイトショートパンツと合わせる

近年流行している膝上ショートのホワイトパンツを合わせた着こなしです。

ホワイトと合うのはやっぱり明るめの水色。夏場にぴったりなさわやかなコーディネートになっています。どのスナップもシンプルですが、1枚目はシューズをパンツと同じホワイトに・3枚目はシューズをシャツと同系色のブルーにすることで統一感を保っています。また2枚目はシューズとベルトにブラウンのアイテムを合わせることでアクセントを効かせた着こなしになっています。

ホワイトロングパンツと合わせる

ホワイトのロングパンツとブルーのシャツを合わせた着こなしです。

ボトムスがロングになるため少し落ち着きが出て、その分トップスのカラートーンを少し落としてもおしゃれに着こなせます。

1枚目のスナップは腰回りにボーダーのアイテムを巻き、2枚目はハーフタックインにしています。腰回りに視線を集めてワンポイントアクセントを入れています。3枚目は靴・ベルト共にモスグリーンで統一することで、少し年代が上がっても着れるような大人なコーディネートになっています。

ベージュのチノパンと合わせる

続いてベージュのチノパンと合わせる暖かみ溢れるスタイルです。

ホワイトほどコントラストが強くならないため、ナチュラルで柔らかい印象になるコーディネート。そんなベージュにピッタリなアイテムはやっぱりブラウンの革製品です。

3枚のスナップでは全て茶色の製品を合わせていて、革靴やベルト・時計はもちろん、1枚目のスナップでは茶色のハット・ダークブラウンのソックスを合わせていて、全身スキがない着こなしになっています。

デニムパンツと合わせる

デニムパンツと合わせたコーディネートです。

ワイルドで男らしい印象を与えるデニムパンツ。デニムパンツにぴったりな青シャツはやはりシャンブレーシャツ・タンガリーシャツ・デニムシャツなど、同様に丈夫で自然な素材が上げられます。

3枚のスナップ共にシャツとくらべてトーンを落とした暗めのデニムをチョイス。トップスとのコントラストを出してのっぺりとした感じが出ないようにしています。シンプルなスニーカーなどを合わせてラフなスタイルでもキマリますし、1枚目のスナップのグリーンが強めのキャップのように遊びを入れても格好いいですね。

ブラックのボトムスを合わせる

続いてブラックのボトムスをブルーのシャツと合わせたスタイル。下半身が締まってどっしりと安定感が出ます。

1枚目のスナップはシューズ・ハット・スカーフなどのアイテムを全て黒で合わせ全体的にロートーンな着こなし。2枚目のスナップは黒のスラックスに茶摘は第一ボタンまで留めややフォーマル感を出しながらも、キャップとスニーカーでストリートなテイストをミックスさせたコーディネートになっています。

ライトグレーのスラックスと合わせる

ライトグレーのスラックスを合わせたスタイル。グレーを取り入れることでやや淡い雰囲気になります。

1枚目のスナップは程よい脱力感が出ていて、日曜日にふらっと買い物しに来た感じがひしひしと伝わってきます。2枚目3枚目はネイビーのネクタイを合わせ、カジュアルながらもドレッシーな着こなしになっています。

ブルーチェックシャツの着こなし

続いてブルーのチェックシャツを使ったカジュアルコーディネートです。

1枚目のスナップは全体的に暗めの色使いの着こなし。デニムとフランネル生地のブルーチェックシャツを合わせることで、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。2枚目のスナップも同じくデニムと合わせていますが、シャツの青がややライトブルー地でホワイトのストライプを混ぜているため、かなりカジュアルな印象。3枚目はホワイトのショートパンツを合わせ夏っぽいスタイル。チェック柄も左右の身頃で分けているブロッキングタイプのシャツなので、遊び心満載のコーディネートになっています。

ブラウンジャケットとベージュのチノパンを合わせる

ベージュのチノパンと青シャツの上にブラウンジャケットを合わせた着こなしです。水色とベージュにマッチするブラウンを合わせることで、クラシックな大人のテイストを出すことが出来ます。

2枚目のスナップはブラックのネクタイを合わせることでさらにキッチリとした印象に。3枚目のスナップはジャケットにウィンドウペンチェック柄のアイテムをチョイスすることで、クラシックかつドレッシーな雰囲気になっています。

ブルー系ジャケット・ライトなパンツと合わせる

ネイビーなどのジャケットのインナーにブルーシャツを合わせ、ホワイトやベージュのパンツをチョイスしたスタイル。爽やかな着こなしにジャケットを取り入れることで一気に大人カジュアルなテイストになります。

1枚目はネクタイをジャケットと同じネイビーで合わせたスタイル。ブルー系で統一されたとてもドレッシーな装いです。3枚目は同じくネクタイ×ジャケットですが、ネクタイはニット生地かつジャケットも細かいチェック柄の生地なので、カジュアルな雰囲気を強く出すコーディネートです。

グレースーツのインナーとして

ここからはスーツのインナーとして青シャツを合わせる着こなしを紹介します。

まずはライトグレースーツとブルーシャツを合わせるコーディネート。グレースーツは白シャツを合わせると色味が弱くのっぺりとした印象になりやすいですが、ブルーシャツをチョイスすることでバランスを取りやすくなります。ネクタイも自ずとバッチリなカラーが決まってきて、1枚目のように薄いピンクを合わせて華やかにしたり、3枚目のようにネイビーのネクタイで統一感を増すといった着こなしがおすすめです。

ネイビースーツのインナーとして

続いてネイビースーツのインナーとしてブルーシャツを合わせる着こなしです。

ネイビー×水色で文句無しの色合い。ブルーの同系統でまとまるのでカッチリとしてビジネスシーンにはもってこいのコーディネートになります。

1枚目・2枚目はネクタイにもネイビーや黒などトーンを落としたアイテムをチョイスして、とても落ち着いた雰囲気になります。遊びを効かせたいときにはピンクや3枚目のスナップのようにイエローのネクタイをチョイスすることで良いアクセントになります。

ベージュスーツのインナーとして

ベージュのスーツのインナーとしてブルーシャツを合わせる着こなしです。

暖色系で警戒心を解く効果のあるベージュ。ビジネスでの利用はあまり見かけませんが、一説によると愛用する人は高所得者が多いようです。そんなベージュはライトブルーとの相性が抜群。1枚目のスナップのように全体的に淡い雰囲気を醸し出すので、ネイビーなどのネクタイでバランスを取ると良いでしょう。

ブラウンスーツのインナーとして

最後にブラウンスーツのインナーとしてブルーのシャツを合わせるコーディネートです。

ベージュスーツよりもよりシックな装いになるブラウンスーツ、ビジネスの場では年代の高い層に特に愛されています。そんなブラウンスーツですが、ブルーのシャツと合わせることで爽やかさが出るため、20代や30代の若い男性に特におすすめの着こなしです。
 

まとめ

今回はビジネスでもカジュアルでも、爽やかさを与えてくれる青シャツを深掘りしてみました。非常に使い勝手の良いシャツなので、この記事を参考にお気に入りのアイテムを見つけて頂ければ嬉しいです。

なお、当サイトでも青シャツを販売しています。よろしければぜひご覧ください。